ブリーダー

ペットショップで見かけるフェネックの中には、日本でブリーダーが繁殖させたフェネックと、野生のフェネックを輸入したものとがいるようです。

輸入が規制されたので、これからはブリーダーが繁殖させたフェネックが主流となるのではないでしょうか。
ブリーダーといってもまだまだ歴史が浅いので、まだまだ野性味が強く、ペットとして、犬や猫のように飼い易くはないでしょう。

部屋で放し飼いをすると、あちこちにマーキングをするそうですよ。
穴を掘る習性があるので、庭に放したりすると、穴を掘って逃げ出したり、ゲージの中でも夜な夜なガリガリし続けます。

散歩もかえってストレスになるようなので、あまりしない方が良さそうです。
万が一病気になってしまっても、フェネックの事が詳しくわかる獣医さんというのは日本にはなかなかいないので、難しいと思います。

保険も適用されないので、かなりの高額になるでしょう。
習性を利用したしつけは、根気よく続けるとしつける事が出来るかもしれません。

フェネックのエサ

フェネックはキツネ類にうちで唯一ペットとして十分な数が飼育されています。
でも完璧に飼い方が確立されてはいません。

イヌと同じような買い方で飼うこともできます。
でも、穴掘りが得意なので、庭などで飼う場合は注意しないと逃げ出してしまいます。

イヌじゃ考えられませんね。
また、フェネックはすごく活発で他のペットにも友好的ということですが
基本的に臆病なので抱っことかはいやがることもあるみたいです。


知り合いが以前ペットショップでバイトをしていたのでちょっとフェネック
について聞いてみました。
その知り合いはフェネックの世話をしていたそうです。

飼育の仕方について聞いてみたところ、
エサは昆虫とか小動物、トカゲなどの爬虫類だそうですが

家で飼うには、ドッグフードやキャットフード、フェレットフードでいいそうです。
あと、栄養のバランスを考えてエサ用のコオロギなどを与えるといいみたいです。

耳の中の毛

フェネックの耳の毛の生え方は変わっています。
画像とかみればよくわかるのですが、
フェネックの耳の毛は耳の内側から外に向かって生えてます。
そして、上に行くほど短いんです。
これは穴を掘るときに耳の中に砂が入らないようになっていて、この毛が耳の
穴をすっぽりとガードしてくれるんですって。
上の方が短いのは全部ふさがると音が聞こえなくなるからだそうです。

フェネックは珍しい動物でしょっちゅうみることはできないんですって。
人間には全く害を与えないのによく狩りの対象になるらしいです。
なんでそんなことをするんでしょうか・・・

フェネックをペットショップで見かけたことは私はありませんが
ペットショップでの販売価格はだいたい、20万〜60万くらいとバラバラだ
そうです。60万ともなると値段が高くて手がでませんね。
特に最近は人気が出てきたので高騰しているそうです。

だいたいが輸入しているのかと思うのですが
フェネックのブリーダーっているのかな?
通販でも売っているのかなぁ。

フェネックって知ってますか

フェネックとは、北アフリカでみられる大きな耳をした小さなキツネの一種で、最近日本でもペットとして飼い始める人もいると聞きます。

フェネックギツネとも呼ばれることもあります。

フェネックはイヌ科で最小で1.5kgしかないそうです。小さいですねぇ。
肩高20cm、体調40cm、しっぽは25cm程度です。耳が15cmもあります。

身体の色は砂色で砂漠にとけ込む保護色になっています。
大きな耳には放熱の役目もあります。

また、この耳は砂の中にいる、エサとなる虫などの音を聞きつけることができます。
すごく耳がいいんですよ。

フェネックは夜行性で夜の間に昆虫、トカゲ、鳥、卵などをとります。
水分の殆どは食物からとります。

たまに水分補給のために果実や葉なども食べるそうです。
巣は10mくらいの長さになるそうです。

テレビで観たのですが、すごくかわいいですね。
フェネックの里親募集とかがあったらいいのになぁ。